知ってる!?南関競馬のクラス分け

中央競馬のクラス分けは知っているけど、南関競馬(大井、浦和、船橋、川崎)ってどうなってるの?という方も多いでしょう。ここでは、中央競馬と南関競馬、クラスの分け方の違いと、南関競馬のクラス分けを詳しく解説します!

南関は勝たなくてもクラスが上がる!

中央競馬のレースの場合、レースで1着(重賞は2着以内)となった時に、出走したレースの競走条件に応じて、「収得賞金(※1)」が加算されます。一方で、南関競馬は1着から5着までに入着した馬に与えられる着内賞金の合計額(通称:番組賞金)と馬齢によってクラスが分けられます。(※2)

中央競馬から南関東競馬に転入してくる場合も、中央時代における1〜5着の本賞金の合計額を独自の式にあてはめ、南関競馬でのクラスを決定します。そのため、1勝したがあとは全て掲示板外という『500万下クラス』の馬と、デビューから2・3着を続けた『未勝利クラス』の馬が南関競馬に来た場合、2頭のクラスが逆転するという現象が起きます。

※1:競走条件(クラス)を区分するための賞金のことを言う
※2:一部高額賞金のレースについては、着内賞金に一定の率を乗じて番組賞金に反映しています。

  • 中央競馬のクラス分け解説
  • 南関競馬のクラス分け解説

つまり南関競馬では、5着以内に入り、賞金を獲得していけばクラスが上がっていくので、連続して2着でもクラスは上がっていくことになります。

これを表現した馬が、ダイヤモンドダンスという馬です。
この馬は、2011年7月に大井でデビューしました。
この馬は、デビューから2着→2着→3着→2着と安定した成績を残し、5戦目の重賞『ハイセイコー記念』でも3着と健闘!十分な番組賞金を獲得した同馬は、未勝利のまま、3歳馬の頂点を決める『東京ダービー』にも出走し4着と好走しました。(なお、この時の鞍上は的場文男騎手です。31度目の東京ダービー挑戦でした。)
ダイヤモンドダンスの成績データ

逆に、番組賞金によっては、レースに勝っても同じクラスのままということもあります。

南関競馬のクラス分けを知ろう!

南関東4競馬場では、常に同じ能力を持つ競走馬同士が競い、迫力のあるレースを提供していくために、競走馬の年齢や番組賞金によってクラス分け(格付)をしています。

中央競馬ではオープンクラスにあたる「A1」を頂点として、合計9のクラスに分かれており、上半期(1〜6月)と下半期(7〜12月)で、番組賞金によるクラス分けが異なります(※3)。

中央競馬のクラスと比較する際の1つの基準として、中央競馬との交流競走が古馬においては『A2・B1と中央1000万下』、『B2・B3と中央500万下』、3歳が概ね6月まで『未格付け馬と中央未勝利馬』、概ね7月以降『C1下(未格付け馬を含む)と中央未勝利馬』で組まれています。

さらに「組」といって、同一クラスの馬を一組・二組・三組・・・・・・とグループ分けをします。通常、数字の小さい組には、上のクラスに上がるための番組賞金がわずかな馬が集まり、数字の大きい組にはまだまだ多くの賞金が必要な馬が集まります。

組数につきましては、相撲の前頭・十両・幕下の○枚目をイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません。(少し違いますが・・・)

出走表にはB3(一)や、C1(二)と漢数字で組が記載されます。

TCKの格付け一覧

【表1】TCKの格付け

※3
上半期:1月〜6月 (単位:万円)
格/馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳以上
A1 2300 3000 3600 4700 5300 5800
A2 1500 1900 2400 3000 3500 3900
B1 1100 1400 1800 2300 2800 3100
B2 800 1000 1300 1700 2100 2400
B3 500 700 900 1300 1700 1900
C1 400 600 1000 1400 1500
C2 200 400 700 1100 1200
C3 200未満※ 400未満
80以上
700未満
160以上
1100未満
240以上
1200未満
240以上

※4月以降は20以上200未満

TCKの上半期のクラス分け表
下半期:7月〜12月 (単位:万円)
格/馬齢 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳以上
A1 2500 3300 4100 4800 5500 5800
A2 1700 2000 2500 3100 3700 3900
B1 1300 1600 2100 2500 3000 3200
B2 1000 1100 1400 1800 2200 2400
B3 700 800 1000 1400 1800 1900
C1 400 500 700 1100 1400 1500
C2 200 300 500 800 1100 1200
C3 300未満
20以上
500未満
80以上
800未満
160以上
1100未満
240以上
1200未満
240以上
TCKの上半期のクラス分け表